STAFF


 竹本 倫之(タケモト トモユキ)

《資格》

  • 理学療法士
  • 全米ヨガアライアンス認定インストラクター
  • 日本メディカルアロマテラピー協会認定健康管理士

僕が病院・施設で働き始めて今年で9年目になります。現在は老人保健施設に勤めていますが、リハビリの仕事に携わるようになって、毎日僕のリハビリを受けてくださっている人生の先輩方から、いつもたくさんのことを学ばせていただいています。リハビリの世界ではよく「治療」という言葉を使いますが、その言葉に違和感を抱くようになったのも、それらの学びによるものだと思います。一般的に「治療」とはケガや病気を治すなどの意味で使われます。しかし本来、セラピストは患者様ご本人が治るためのキッカケやアドバイスを与えるだけであり、それらを力にして治していくのは患者様自身である、と思うのです。そのような考えがセラピトを開こうと思うキッカケでした。

シンプルに「治すために何が必要か?」と考えたとき、僕は理学療法のみにとらわれるのではなく、柔軟な発想であらゆる角度からアプローチする方法を模索すべきだと考えました。そんな中、偶然にもヨガに触れる機会があり、直感的に自分が必要としている学びがあることを感じました。ヨガに関しては全くの素人でしたが「どうせやるなら徹底的に」と思ってその世界へ飛び込み、インストラクターの資格を取得しました。その後、フランス発祥のメディカルアロマテラピーにも触れ、それらを扱える健康管理士の資格も取得しました。そして現在は、理学療法の一つであるマイオセラピーの学習・技術向上に励みつつ、当店のメニューであるマイオバイブを提供しています。

まだまだ勉強することばかりですが、治すためには何が必要なのかを日々模索しながら、目の前のお客様に今できる最大限のサービスを提供できるよう努力してまいりますので、体の不調にお困りの方はぜひご相談ください。ご来店をお待ちしております。