メディカルアロマとは?

日本メディカルアロマテラピー協会が提唱・啓蒙する自然療法です。

アロマオイルには香りだけではなく、抽出する植物の種類やその部位によって様々な薬理効果が秘められています。それらを体のケアや症状の改善に役立てる形で調合したのがメディカルアロマです。

メディカルアロマは赤ちゃんにも使える天然の塗り薬

様々な薬効を持つアロマオイルですが、精製過程において薄められたり、日光にさらされるなど保存環境の問題から、その効果は失われてしまいます。つまり薬効を保ったままの状態で精製するためには高純度に抽出したアロマオイルを徹底管理することが必要となります。メディカルアロマはそれらの徹底管理された高純度なアロマオイルのみを調合することで、赤ちゃんや妊婦さんでも使える体に優しい天然の塗り薬として使用できます。

ミクロな世界の共通ルール

物質は目に見えなくても小さな分子の集合体でできています。そして物質を通り抜ける(=浸透する)ということは、それらの集合している分子同士の隙間を抜けられるほど小さな分子でなくてはなりません。目に見えないためイメージしづらいですが、全ての物質に共通するルールです。

お肌に優しく浸み込むメディカルアロマジェル

本来、アロマオイルは分子のサイズがとても小さく、原液なら問題なく肌に浸透していきますが、原液では刺激が強すぎることから、希釈して使うことが一般的です。しかし希釈に使用されるキャリアオイルは分子のサイズが大きく、混ざることでアロマオイルが浸透できないように作用してしまいます。そのためメディカルアロマでは、乳化作用を持つハイブリットオイル+白樺ジェルを一緒に混ぜることで、アロマオイルの浸透力を維持しつつ肌への刺激を和らげて使用しています。

※注意※

日本の法律では、皮膚に塗布するものには「化粧品」、飲用するものには「食品」の認可が必要になります。皮膚塗布や飲用の場合には、それぞれ認可のある商品を選ぶことが必要です。しかし日本では通常、アロマオイルは「雑貨」として扱われているため、認可されていません。そのため、精油を皮膚塗布したり飲用したりする場合は、自己責任によって自分自身に行うことが基本となります。そのため、使用上の注意を守り、厚生労働省認定機関による詳細な成分分析表が添付されたものを選ぶことが必要です。


店舗情報

<完全予約制>

 お客様のご予約に応じて開店いたします。

※注意※

 施術中などで電話対応できない場合は、後ほどご連絡いたします。

<営業日>

平日(月~土):19時~22時

     日曜:11時~18時

    定休日:不定休

 <住所>

広島県福山市南手城町1丁目3-1