· 

肩甲骨はがし!肩甲骨の柔軟性UPで肩こり解消♪

『立甲(りっこう)』ってご存知でしょうか?

これは肩甲骨(肩周り)が柔らかい人だけができる肩甲骨のストレッチのようなものです。

 

僕は小学校~高校までバスケットボール部でセンター(スラムダンクでいうとゴリ)のポジションをしていました。

その当時から体の動かし方に興味があり、古武術を独学で学んでいました。

古武術には「なんば走り」といわれる独特な走法のほか、肩甲骨の操作で腕を伸ばす方法や立甲など、

体の特殊な動かし方がありました。古武術もヨガと同じく、体をより機能的かつ効率的に動かす方法を追求した道ですから、今思えばヨガと共通する部分が多くあったように思います。

 

立甲は「肩甲骨はがし」と言われることもありますが、

上に書いたように肩甲骨周りの筋肉のストレッチみたいなものです。

肩甲骨は、=肩関節といってもいいくらい、肩の動きに直結しています。

そんな肩甲骨周りが柔らかくなるとどうでしょう?

 

肩周りの筋肉の緊張がとれ、

肩が自由に動き、

筋肉がリラックスして、

 肩こりを起こしにくくなります!

又、スポーツにおいては体幹から肩にかけての力がスムーズに伝わるようになり、

パフォーマンスが向上します。

メジャー入りが話題の野球選手、大谷翔平さんも肩甲骨が柔らかいことで知られています。

 

今回は僕が学生時代に習得し、ヨガを始めたことでさらに発展した『立甲』についてお話します。

 

まず立甲のやり方は、

①肘を伸ばして両手を親指が外に向くように出します。

②その手を床に着きます。

③背中の力を抜き、腋を閉めるように力を入れながら体を腕に預けると完成です。

 

 

③で「腋を閉めるように」 と表現した筋肉が、

 

下の写真にある前鋸筋という肋骨~肩甲骨に付いている筋肉です。

シンプルに言うと、この筋肉以外の力を抜き、腕をつっかえ棒のようにして体重を乗せると、肩甲骨が浮き上がり、立甲が完成します。 

最初は難しいですが慣れていくと少しずつ肩甲骨が動き出していく感覚がつかめるようになっていきます。

 

しかし立甲は肩甲骨周りがある程度柔軟でないとなかなかできません。

では、できない人はどうしたらできるようになるでしょうか?

 

そこで立甲ができるようになるのに良いヨガのポーズをご紹介します。

ガルーダ(鷲)のポーズ

背合掌のポーズ

カラスのポーズ

これらのポーズは、肩甲骨を柔らかくするのにとても効果的で、ポーズをとっているうちに徐々に肩甲骨周りが柔らかくなり、最終的には立甲ができるようになります。

 

 

肩こりにお悩みの方は挑戦してみてください♪

 

 

又、「こんなに難しいポーズできない!Σ(゚Д゚)」という方もご安心ください。

ヨガにおけるポーズは結果ではなく過程が重要です。

簡単なポーズを行っていくうちに体の準備が調って、いつの間にか難しいポーズも取れるようになるのです。

上で紹介したポーズにも動きを分解した練習ポーズがあります。

練習ポーズを行うことで、これらのポーズが行えるようになるとともに立甲にも近づきます!

 

 

ご来店いただければ、直接レクチャーもできますので、 お気軽にご相談ください(^^)

店舗情報

<完全予約制>

 お客様のご予約に応じて開店いたします。

※注意※

 施術中などで電話対応できない場合は、後ほどご連絡いたします。

月~土曜:19時~22時

日曜:10時~17時

定休日:第2・4土~日曜、不定休

 <住所>

広島県福山市南手城町1丁目3-1

友だち追加

LINEからのご予約も受け付けております。

①ご希望のメニュー

(※来店してから相談でも大丈夫です♪(^^)

②予約日・時間

をご記入の上、お送りください(^^)