· 

肩こり腰痛の解消|100Hzが分ける振動刺激療法の世界

今日は肩こり腰痛に代表される筋肉のコリをほぐす振動刺激療法についてお話します。

 

 

 

筋肉は、筋腹と腱によって構成されています。

筋腹には「錘外筋」という収縮を行う筋繊維と「錘内筋」という伸び縮みを感知するセンサーがあり、腱にも腱紡錘という伸び縮みを感知するセンサーがついています。筋肉は筋・腱合わせて2つのセンサーが筋繊維(錘外筋)を、ゆるめる(弛緩)か縮める(緊張)かの調節を行なっています。

肩こり腰痛などの筋肉のコリをほぐすためには、これら2つのセンサーに対して、外からどうやって『筋肉をほぐす刺激』を与えるかにかかってきます。

 

 

 

『筋肉をほぐす刺激』には、圧す・揉む・揺らす・引っ張るなど…様々な方法がありますが、その中でも効率的に筋肉を弛緩させる刺激方法が『揺らす=振動』です。


なぜかというと筋肉をより効果的にほぐすためには、物理的にほぐすのではなく、センサーを通して神経から筋肉へ、ほぐれるように促してもらう(促通する)ことがより効果的な方法になります。そのため、他の方法でも十分に筋肉をほぐす刺激になるのですが、圧す・揉む・引っ張るというアプローチは1回の動作で1つの刺激でしかありません。


そんな中『揺らす=振動』という刺激は、一回の動作で細かい刺激が大量に与えられます。他の方法は「足し算の刺激」ですが、振動は「掛け算の刺激」なのです。そして、この振動の力を用いた治療法が「振動刺激療法」と呼ばれています。

振動刺激療法は、遡ると古代ギリシャの時代からマッサージ手技の一つとしても用いられ、近年では振動刺激装置も開発され、神経筋促通法として手技以外でも実施されるようになった治療法です。

 

 

 

筋肉は振動数によってゆるむ周波数(=弛緩する)と力が入る周波数(=緊張する)があります。

それを分けるのが100Hzです。

1Hzとは1秒間に1回振動することをいいます。

100Hzとは1秒間に100回、1分6000回も振動することになります。

 

これを計算して作られたのが、家庭用ハンディーマッサージャーです。

 

これは「強」で6600回/分(約110Hz)、「弱」で5500回/分(約90Hz)の調整ができ、それぞれ筋肉の弛緩~緊張の調整ができるようになっています。これを「弱」で肩や腰へ当てるだけでも、肩こり腰痛に効果が期待できるのです。

「じゃあ全身を100Hz以下の振動で揺らしてやれば、肩こり腰痛なんてなくなるんじゃないの!?」

 

 …と思ってしまいますが、現実そううまくはいきません。

ハンディーマッサージャーをこんにゃくに当てる所を想像してみてください。

当たっている部分の振動が反対側へどれだけ伝わるでしょうか?

人の体は、こんにゃくとは言わないまでも骨以外の場所は軟部組織で出来ています。それらの柔らかい部分が振動を吸収して、深い場所まで伝わることを妨げてしまうのです。

肩こり腰痛の原因となる筋肉のコリというのは、表面の大きな筋肉ではなく外から触れないような深層筋のコリであることがほとんどです。そのため全身を揺らせるような装置を使っても、周りが振動を吸収してしまい、固くなった深層筋へは伝わらないのです。

 

ハンディーマッサージャーにおいてもその点は同じで、接地面が表面的なため外側の比較的柔らかい筋肉が振動を吸収し、固い深層筋には届きません。

ではどうすれば深い場所にある筋肉のコリに対して、効率的に振動を伝えられるのでしょうか?

 

 

 

そこで、進化を続けてきた振動刺激療法の最終形の一つとして考案されたのが、『マイオバイブ』です。

これはマイオセラピーの創始者である辻井洋一郎先生が理論と臨床経験に基づいて、深層筋のコリに対して『筋肉をほぐす刺激=振動』を伝えるためにはどうしたら良いか、考えた末に作り上げられた専用の施術機器です。

 

マイオバイブは、先端ユニットが14~15㎜程度と細く作られており、根元のモーターが生み出す振動(約20Hz)を先端へダイレクトに伝えます。そしてこの先端を、背骨に沿って当てることで深層筋を刺激していきます。そのため、柔らかく大きな外側の筋肉を避けて深層筋へ直接振動を伝えることができます。これにより、今までは触ることもできなかった深層筋をほぐすことができるようになりました。さらに背骨を介して周囲にも振動を伝えるため、より効果的に深い場所の筋肉群へアプローチできるようになっています。しかしこの施術法は、振動する15㎜の先端を深層筋へ的確にあてがう必要があるため、扱うセラピストの熟練した技術を必要とし、この施術を受けられる場所は全国でもまだ少ないのが現状です。

 以上が肩こり腰痛に代表される筋肉のコリに対して、進化し続けてきた振動刺激療法です。

軽い肩こり腰痛なら、ハンディーマッサージャーの弱振動によって、時間をかけてほぐすことをオススメします。そのときに注意してほしいのは、力任せに押し付けるのではなく、振動が筋肉に伝わるよう適度にあてがうことです。マッサージャーは物理的にほぐす機器ではなく、ほぐれるように促す機器なので、その点を忘れずに使ってみてください。

 

長年「痛くなる→マッサージ→ましになる→痛くなる」を繰り返しているような根深い肩こり腰痛をお持ちの方は、上記のマイオバイブをオススメします。この「→ましになる」状態というのは、「良くなった」のではなく、「感じなくなった」状態なのです。つまり、ごまかしているだけで治っているわけではないのです。そういった方は、背中の奥深くにどうしようもないコリを抱えている場合が多く、「どうせ治らないし…」と諦めている方が多いように思います。そんな方は、一度カラダファクトリーセラピットへご相談ください。マイオバイブによる施術で、何かが変わるかもしれません。

店舗情報

<完全予約制>

 お客様のご予約に応じて開店いたします。

※注意※

 施術中などで電話対応できない場合は、後ほどご連絡いたします。

月~土曜:19時~22時

日曜:10時~17時

定休日:第2・4土~日曜、不定休

 <住所>

広島県福山市南手城町1丁目3-1

友だち追加

LINEからのご予約も受け付けております。

①ご希望のメニュー

(※来店してから相談でも大丈夫です♪(^^)

②予約日・時間

をご記入の上、お送りください(^^)